山きちやっほ〜V

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀杏峰1440mー部子山、ピストン

<<   作成日時 : 2018/02/26 17:31   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2月26日(月)快晴
今日は久しぶり天気が良いので、
チョット遠くの部子山に行って来ました。
銀杏峰頂上から天気が良いのですが、
風が冷たく歩いていないと寒いです。
部子山の斜面はアイゼンが欲しいかと
思いましたが、スノーシューで登れました。
チョット疲れたので、また明日載せます。
ちなみに銀杏峰頂上まではズボ足で行けます。

行動時間、駐車地出発AM8時32分ー前銀杏峰10時11分
ー銀杏峰頂上10時59分ー稜線途中11時29分ー部子山頂上12時8分着
ー稜線途中で昼食20分ー極楽平PM1時43分ー駐車場着3時07分着

出会った人2人内(銀杏峰の主岡田さん)

歩いた距離、往復14,9km

いこいの村まで通れましたが駐車場が少なく
登山口に2台位、管理棟付近に4台しか
止められません、僕は管理棟前に止めました。
画像

登山口、赤の線で登って行きます
画像

前日のトレースが沢山です
高速道路でスイスイと行けます
画像

夏、上の登山口に行かず直登
画像

何時も見逃す羽衣の松
画像

見返りの松の文字が雪の中
画像

仁王の松
画像

シリセードの跡はアイゼン必要
左にズボ足で行きます
画像

前銀杏峰近く、青空が良いですね
画像

前銀杏峰、印が部子山です
画像

大野平野、奥に薄ら白山
画像

銀杏峰に向かう尾根、太陽が眩しい
画像

部子山がクッキリ見えました
画像

天竺坂が綺麗です
画像

ポールに樹氷
画像

雪が多くモンスターが出来にくい
画像

頂上手前のモンスター
画像

銀杏峰頂上
画像

此処から何処でも行きたいのでスノーシューを履き
向かいたいのですがスノーシューに着雪し
足枷みたいに重たいです
画像

気温ー4度寒い
画像

部子山に2人登っています
画像

部子山頂上
画像

部子山頂上より銀杏峰から登って来た稜線
画像

大野平野
画像

避難小屋と奥に反射板
画像

自撮り
画像

風が強いので行動食だけ食べます
画像

気温+3度でも寒い
画像

風が無い所で昼食です。
稜線を通って銀杏峰に向かう
画像

昼食、カレーとコーヒー
画像

シュカブラ
画像

モンスターも出来ない
画像

極楽平、青が銀杏峰、緑がポール
赤の線で下ります
画像

志木目谷に入りた
グループのトレース有り
画像

途中部子山を見ると光っている
画像

歩いた歩数
画像


天気が良く最高の山歩きでした。
昨年は部子山まで行けなかったので行けて良かったです
ただスノーシューに雪が着雪したのが辛かったです。
ラッカーやロウを塗ったのにね
山はやっぱり良いですね

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎年恒例冬季(吐息)限定奥越前アルプスプレミアムツアー。
部子山へ通じる筋攣りツアー、部子山鞍部からの登り返し
前山が辛いと言う方いますが?此が一番辛い、ヘロヘロで
部子山ショット取り下り始めると、山きちさんでした。
泣き別れ、筋攣り登り返し、祠に挨拶、その足で名松下るが
途中志目木へ、枝尾根に大勢のトレースehh〜少し下ってみるが、完全に志目木へ下っている、自信は登り返し通常名松下る。何度通過しても部子山吊り(筋攣り)尾根は最高ですね。
アル中でした。。
アル中です
2018/02/27 12:36
岡田さん、こんにちは(^O^)/

昨日はご苦労様でした。流石銀杏峰の主ですね。
その年で部下山まで行かれるとは、
僕は岡田さんの年で行けるかは分かりませんね。
僕も下山中銀杏峰手前で右脚が攣りそうになりました。
後は何とか誤魔化しながら下山しました。
山きちやっほーV
2018/02/27 13:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
銀杏峰1440mー部子山、ピストン 山きちやっほ〜V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる